浄化とは

浄化という考え方

身体や心についてしまった穢れを取り除く「浄化」は「デトックス」などとも呼ばれ、ヒーリングや癒しブームの昨今では「浄化したい(されたい)」と願う人があとをたちません。

「デトックス」などというと、オシャレな人が取り入れている最近の健康法のようなイメージもあるかもしれませんが、実は「浄化」という考え方は古くから人々の間に取り入れられていました。
たとえば、神社などに行くとたまに見かける「茅の輪くぐり」というものがあります。

たまに、といっても茅の輪くぐりが行われる時期というのは決まっていて、6月30日に行われる「夏越の大祓」と12月の31日に行われる「年越しの大祓」のあたりに行われるのですが、神社の境内に茅やわらを使って作った「茅の輪」と呼ばれる大きな輪をくぐり、半年の間についてしまった「穢れ」を落とすという意味があります。

茅の輪をくぐるだけでなく「ひとがた」と呼ばれる人の形に切った紙に名前や年齢を書き、穢れをひとがたにうつして祓ったりもします。

茅の輪くぐりなどの大祓の儀式は江戸時代にはすでに行われていたといわれ、昔から人々の間には「穢れ」についての意識と、それを祓う=浄化する、という考え方があったのだということがわかります。

 

神社で浄化

大祓の儀式は、現代でも6月と12月の末に神社に行けば体験することができるので、心身共に浄化してスッキリしたい!という場合には神社に行ってみるというのも良いのではないでしょうか。

ちなみに、大祓の時期でなくとも、神社やお寺などを参拝すると、気分がスッキリするという人は多いです。

人気のある神社やお寺などでは、長々と参拝するのは気が引けてしまうものですが、もししっかりとしたご利益を期待するのであれば、参拝の際には手を合わせて一呼吸し、住所や生年月日、氏名、今日参拝する理由などを伝えると良いそうです。

そこまで長々とするのはちょっと…という場合でも、神社であれば二礼二拍手一礼、お寺では静かに合掌という最低限の参拝マナーは守ってふるまいたいものです。