プロテクションについて

ネガティブなエネルギーの影響

目に見えない「エネルギー」を扱う「エネルギーワーク」と呼ばれる療法がありますが、目に見えないものを扱うということもあってどことなくオカルト的でアヤシイという印象を持つ人も多いかもしれません。

エネルギーについてなんて、考えたこともないという人も少なくはないでしょう。
しかし、実は私たちは誰でも多少なりとも「エネルギー」の影響を受けていると考えられます。

例えば、ただ友人の話を聞いていただけなのに、ものすごーく疲れてしまったり、人混みに行ってぐったり…という経験は、だれでも一度くらいはしたことがあるでしょう。

単なる肉体的な疲労という場合もありますが、必要以上に疲れてしまう場合、友人や人混みから発せられるエネルギーから、あなた自身がネガティブな影響を受けてしまっていることが多いのです。

 

粗塩でプロテクション

このように、良からぬエネルギーに振り回されないようにするためには、自分自身がネガティブなエネルギーから身を守る「プロテクション」と呼ばれるエネルギーワークが有効です。

本格的にプロテクションをしたいという場合には、エネルギーワークの専門家に相談をするのが確実ですが、簡単なプロテクションであれば自分でも行うことができます。
たとえばその一つが、古来から行われている「盛り塩」によるプロテクションです。

塩と言えば調理に使うものと思っている人がほとんどだと思いますが「お清め塩」などとしての塩の使い方があることからもわかるように、塩には浄化や邪気払いのエネルギーが強く宿っています。

特に、自然の恵みを存分に受けて作られた天然の粗塩は、エネルギーが強いのです。

盛り塩のやり方は簡単で、小皿などに粗塩を小さな山のように盛り付けたものを4つ用意し、それをプロテクションしたい場所の四隅に置けばOKです。

外出先などでネガティブなエネルギーから身を守りたいという場合には、ティッシュペーパーなどにくるんだ適量の粗塩を左右のポケットにいれるなどして携帯すれば、簡単なプロテクターになってくれるでしょう。