ヒーリングとチャクラについて

チャクラとは車で言えば車輪のこと

ヒーリングに関連した言葉にはオーラ、生命エネルギー、スピリチュアルなどの言葉がありますが、その中でももっともわかりにくいと言われるのがチャクラという言葉です。

チャクラと生命エネルギー、オーラなど、似たような言葉がありますが、チャクラとはどのようなものを指しているのか、色や形が存在しないだけにわかりにくいですよね。

オーラとはその人の内面からにじみ出る雰囲気やエネルギーであり、オーラを高めるにはパワースポットに行って大地や山などの自然の強いエネルギーを受け取る方法もありますが、もうひとつにはチャクラを整える方法もあります。

チャクラという言葉を聞くと、とても奥が深いように感じられますが、もともとの意味はサンスクリット語で「車輪」を意味する言葉です。

自然治癒力や生命エネルギー、オーラはいずれもエネルギーのことを指していますが、チャクラについては、わたしたち人間には7種類ものチャクラがもともとあるものと考えられています。

車輪は、自転車や自動車などの乗り物についており、車輪がスピーディーに回転し続けることによって、乗り物としての力を発揮することができます。

わたしたち人間は、車輪であるチャクラのパワーが必要不可欠な存在であるということを知っておくと良いですね。

 

チャクラとオーラにはどんな関係があるの?

チャクラは車で言えば車輪の部分であり、わたしたち人間には7つのチャクラが存在すると言われています。

ただなんとなく7種類ものチャクラが存在しているのではなく、そのひとつひとつには重要な役割があると言われています。

7種類のチャクラについて、第1チャクラ、第2チャクラといった呼び方をしており、全身のあらゆる部位にチャクラが存在します。

チャクラを経由して生命エネルギーが常に出ては体内に入る、この繰り返しなのです。
チャクラとオーラは、とくになんの関係もないように思うかもしれませんが、7種類のチャクラがうまく機能することによって、より強いオーラを発するものと考えられています。

チャクラやオーラをよりパワーアップさせるためには、ヒーラーによってヒーリングを受ける方法もありますが、自分でちょっとしたことを心がけておけば、パワーアップさせることもできます。

ふだんからポジティブ志向になり、否定的な考えや批判、非難しないこと、愚痴をこぼさないようにして、良い言葉を発するように心がけること、自分の周囲の生活環境を常に清潔に保つように努めることです。